システムエンジニア特有のストレスとは

システムエンジニアとは、システムの設計や開発に携わる主な方の事を指します。
プログラマーと言われる職種もありますが、この2つの違いは企業によって違います。
企業によっては、混同される事もあります。
システムエンジニアの主な仕事とは、お客様との打ち合わせ(システムに求める成果)や、相手側の要求から仕様書を(ドキュメント)の制作に取り掛かります。

一般的には、お客様との打ち合わせによって必要なシステムを考え、要望に添える様に詳細を詰めていき、形にしていくという仕事になります。
この詳細を詰めた仕様書には、基本設計から必要プログラムをまとめた詳細設計の情報が含まれています。
システムエンジニアに向いている方とは、常に新しい術を身につけるという向上心を持ち、システムを無事に作り上げると言う意識の高さが必要です。
また、自分が作ったシステムが使用されたときの感動を直に受け止められる方に向いています。
やり甲斐のある職種ですが、大きなストレスを感じる事もあります。

例えば、システム作成の期限が極端に短いとしても、必ずシステムを作り上げなければなりません。
お客様によっては、無理難題を言う場合もあります。
いかに上手く対応をし、極端な期限にならないようにするかも考えなければなりません。
また、システムに重大なミスがあった場合には、その対処に膨大な時間を取られる可能があります。そういった精神的にも肉体的にも大きなストレスを感じてしまった場合でも、挫けずに作業が行えるかも適正判断の1つとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *