システムエンジニアのストレスとは

システムエンジニアの仕事は、クライアントからの依頼を成果物とするために設計やプロジェクトの遂行を行うことです。
単にプログラミングを行うだけのエンジニアとは異なり、業務は多岐にわたるものです。
そしてコスト管理納期の厳守、それに加えて品質を高めることにメンバーの管理と行うことが全て同時進行なのでストレスも溜まります。

まずクライアントとの折衝において、求められる機能をどう形にするのか設計する作業があります。
クライアント自身はエンジニアとしての技能は無いために、求める成果物の青写真が描かれていないケースが多いものです。
そこでいかに要望を聞き出すのか、コミュニケーション能力が問われます。
これが上手くいかなければ、完成後に修正依頼を受けるようになり、無駄な作業が発生します。
当然プロジェクトに関わるメンバーからは不満の声も出るようになり、そこでも大きなストレスを感じるものです。
それを防ぐためには、高度なコミュニケーションとネゴシエーション能力を備えることが求められます。

そして設計を元にプロジェクトメンバーを選出し、業務遂行へと移行します。
ここでは品質を高めるためにメンバーのモチベーションをどのように高めるのかが求められます。
リーダーシップが必要というわけです。メンバーに何かトラブルが発生すれば対応を迫られることになりますし、その間も他のメンバーを束ねて完成へと邁進します。
このように複数の業務にいかに対応するか、柔軟性を養うことでストレスを抱えないようにするのがポイントです。